プロフィール

ゆうそら

Author:ゆうそら
 宮城県在住の主婦です。
  
 てづくり大好きなともだちと、
 キルトサークル「スプール」で
 活動してます。

 あれもこれも作ってみたい。
 よくばりな私です。

スプールの紹介

 育児サークルで知り合った
 メンバーを中心に、
 パッチワークキルトなど
 ハンドメイドを楽しんでいる
 サークルです。

 メンバーは
   ミミ lemon チャタ
  maturica ゆうそら の5人。

 月2回のペースで
 だれかのうちに集まり、
 お茶とおしゃべり
 作品作りを楽しんでいます。

 委託販売や、
 毎年10月に開かれる
 村田町 蔵の陶器市での
 スプールショップの出店に向け
 頑張っています。

カテゴリ

手仕事 (89)
スプール (66)
ガーデニング (20)
日々のあれこれ (36)
手作りのお菓子 (15)
おきにいり (6)
庭の記録 (2)
present (2)
未設定 (3)
     yotuba1

ブログ内キーワード

編み物 
手作りお菓子 
植物たち 
ポーチ 
バッグ 
陶器市 
思ったこと 
刺繍 
巾着 
lemonさんの作品 
チャタさんの作品 
コースター 
編みかご 
maturicaさんの作品 
 
消しゴムはんこ 
お茶 
ミミさんの作品 
ヘアゴム 
方言五七五 
紅茶 
勉強生活 
お菓子の作り方 
作りたいもの 

(順不同)

最新記事

最新コメント

    ボンヌママン  

月別アーカイブ

カウンタ

お菓子とお茶と      わたしの時間

 いつか してみたいこと
 
 わたしの作ったお菓子を
 「おいしい」って
 食べてもらいたい。
 
 そのお菓子のお供に
 おいしい紅茶やハーブティーを
 いれてあげたい。
 
 家族も友人も
 よろこんでくれてるけど
 もっといろんな人に
 よろこんでもらえたら・・・。
 
 みんな だれかのために
 毎日がんばっている。
 そんな自分に ときには
 自分のためだけの時間を
 プレゼントしてあげてほしい。
 
 うちに来てみませんか?
 素朴なお菓子と
 やさしいお茶の準備をして
 あなたをお待ちしています。
 
 そんなティールームを
 作りたいと 夢みています。
 

おうち


 

09 | 2017/10 | 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
スプール日和
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
関連するタグ :
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告
亘理荒浜に行ってきました
昨日は津波被害のひどい地域(亘理荒浜)に
ボランティアに行ってきました。
(ニュースで何回も報道された仙台若林の荒浜とは
 別の地域です。)

息子の通う中学校の生徒たちが
「自分たちも何かできることをしたい!」という思いから
津波の被害にあって来週からの再開をめざす中学校に
お掃除のボランティアに行くことになったのです。

「父兄の皆さんもぜひ!」とのことでしたので
わたしもいっしょに行ってきました。
.



先生方と生徒を乗せたバスのあとをついて
自分の車で初めての遠出です。
(方向音痴なので普段は近場のみ)

直接目的地へ行くと津波の被害を受けた地域を通らないので
被災地の状況を子供たちに見せるために
少し遠まわりをして現地へと向かいました。





次第に自衛隊の車両が目につくようになり
一般車両の数が減っていき
道沿いの活気が感じられなくなり
とうとう道の両側に積まれたがれきが目に入って来ました。

検問が行われています。
被災地支援の札を掲げる車以外は通行できません。


今回通った所はわたしの住む県南部の住人にとっては
わくわくする思い出がたくさん詰まった場所です。
春のイチゴ狩りや潮干狩り
季節になれば名物のほっき飯やはらこめしを食べに行き
夏には海水浴
子供たちの喜ぶ大きな遊具のある海浜公園
バーベキューやいも煮会のできるかまどのある広場・・・

本当に本当にみんなの笑顔があふれる
海辺の素朴な観光地でした。


それが





涙が出たら安全に運転できません。
道もそこここが隆起陥没しているので
注意深く運転する必要があります。
涙と叫びを懸命にこらえて
バスの後をついていきました。


海までまだ距離があるのに船がころがっています。
つぶれて瓦屋根だけが地面に伏せたようになっている家。
ぐにゃぐにゃに握りつぶされたようにまるまった高圧鉄塔。
葉も枝も樹皮もない大木が根っこを空に向けて倒れています。
(何本も!!!)


住宅街を過ぎ田園地帯に入ると
見渡す限り泥田がひろがっています。
大きながれきなどはなくただただ広がる田んぼの中に
見渡す限り点々とナンバーのはずされた車がころがっています。


常磐線の踏切を越えるとき
少し離れた線路上ががれきで埋まっているのが見えました。
2本あるはずの遮断機の1本は見当たらず
残った1本は線路のほうを通せんぼしていました。





テレビの映像では見ていましたが
あの広がる風景の中にいると
全く違う印象を受けました。
とてもさみしい風景でした。




聞こえてくるのはウミネコの声と風の音だけ。

動いているのは風に揺れる布のようなもの。
  壊れた家の割れた窓にかかる破れたカーテン
  一部を波にえぐり取られた壁の断熱材のシート
  がれきとともに家の撤去も希望するしるしの赤い布切れ

それから一羽のまっしろなオオサギと2羽の真っ黒なカラス。


あとは所々で行われている撤去作業だけ。



バスの中の子供たちは何を考えていたのかな。






現地の中学校は50センチほど床上浸水したそうです。
(2日間水が引かなかったとか。)
ほとんどの泥は取り除かれていて
わたしたちはほんの仕上げを手伝うだけでした。
それでも、100人での1日の手伝いだけでも
現地の先生方や生徒さん達の負担を減らせたらと思って
一生懸命床を拭き、床と壁の消毒をし
卓球台をきれいにしました。
(私の担当は卓球場だったので。)




テーマ:今日の出来事 - ジャンル:ライフ

関連するタグ :
[2011/04/19 13:54] | 日々のあれこれ | トラックバック(0) | コメント(0)
<<ペンダントを作りました | ホーム | 被災者支援の情報>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://yuusora112.blog31.fc2.com/tb.php/193-697c69cf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
検索フォーム 

お世話になってます

気になる写真をクリック↓

写真をクリックして開いたページの「ブログへ行く」をクリックすると その写真の記事を見ることができます。



  • このブログをリンクに追加する


  • 上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。